アディポネクチンを増やすサプリメントと、長寿ホルモンの効果と評価

アディポネクチンの効果とは?動脈硬化や糖尿病・メタボにも良い

 

血液中のアディポネクチン血を増やす事によって得られる効果ですが、簡単にまとめると以下のような効能があります。

 

傷ついた血管の修復作用
血管修復による動脈硬化・脳卒中・の予防・改善
脳梗塞・心筋梗塞・血栓などの血管トラブルの予防

 

脂肪を燃焼の働きを高める
中性脂肪を減らす働き
コレステロール値を正常に戻す働き
メタボリック症候群の改善・予防
高脂血症改善効果
ダイエット効果

 

血管拡張効果
高血圧の改善・予防

 

インスリン感受性を高める効果
糖尿病の予防

 

抗がん作用
生活習慣病の予防
老化防止

 

血管修復作用で動脈硬化などの血管トラブルを予防・改善

 

 

アディポネクチンは血管の傷を修復するほか、血管を拡張する働きもあります。

 

ヒトの血管は、加齢に伴い弾力を失い、脂肪や糖分によって血管がゴミが溜まり、詰まります。
これが脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化の原因の元となっているのですが、アディポネクチンの働きによりそれら病気のリスクを減らすことができます

 

 

また、アディポネクチンは血管壁の炎症物質の発生を抑制したり、動脈硬化を進行させる細胞の繁殖を防ぐなど、状況に合わせて臨機応変な働きを行っていることも分かっています。

 

アディポネクチンは、血管にとってはとても強い味方といえるでしょう。

 

やせホルモンと紹介されたアディポネクチンのダイエット効果

 

 

最近は日本国内のメタボ人口が増えたことで、テレビ番組ではアディポネクチンを「やせホルモン」として紹介しています。
その理由は、アディポネクチンの高い脂肪燃焼効果にあります。

 

 

通常、ヒトの体は運動することによってエネルギーを消費します。
そして、このエネルギーが必要になると脂肪を分解する酵素「リパーゼ」や筋肉中の「AMPキナーゼ」が活性化されて、脂肪や糖分をエネルギーに変えているのです。

 

しかし、アディポネクチンは運動を必要とせずに「AMPキナーゼ」が活性化されます
つまり、アディポネクチンは何もせず、体内に増やすだけで運動と同じような脂肪燃焼効果が得られるということです。

 

そのため、現在アディポネクチンはメタボリックシンドロームの患者さんや中性脂肪に悩む人、ダイエットをしたい人の救世主として期待されています。

 

糖尿病に効果アリ?インスリン感受性を上げるアディポネクチン

 

糖尿病は、膵臓から分泌されるインスリンが正常に働かなくなることが原因とされています。
インスリンが身体に上手く作用しなくなった状態を、インスリン抵抗性と言います。

 

アディポネクチンには、インスリンの感受性を高め、インスリン抵抗性を解除する働きがあると言われているほか、血糖値を下げる効果もあると言われています。

 

近年の研究では、肥満によってアディポネクチンの分泌量が低下することが判明しています。
これが糖尿病の発症にも大きく関係しているのではないか、と東京大学でも糖尿病治療薬の研究が行われています。

 

アディポネクチンの抗がん作用 ガンは遺伝子と関係アリ!?

 

 

ガンは遺伝によって発症が影響するというのは、よく聞く話です。
しかし、近年の研究ではアディポネクチン値も家系によって遺伝することが分かってきています

 

また、血中アディポネクチン濃度が低い方の家族の病歴を調べてみると、その親・祖先がガンや心筋梗塞などの病気で亡くなられているという例が多いのです。
つまり、遺伝的にガンが心配される方は、アディポネクチン検査によってガン予防に大いに役立つ可能性があるのです。

 

 

そして、アディポネクチンは発症したガン細胞の増殖を直接抑える働きがある事も判明しています。
マウスを使用した実験例では、人間の癌細胞を移植したマウスにアディポネクチンを注射すると、最大でガン細胞が90%も減少したという結果が残っています。

 

アディポネクチンは、生活習慣病だけではなく、癌治療の特効薬としても期待されているのです。