アディポネクチンを増やすサプリメントと、長寿ホルモンの効果と評価

アディポネクチンに似た健康効果を持つ栄養素「オスモチン」とは?

 

アディポネクチンは今後の病気・ガン予防にとても期待されている物質です。
そして、実はそんなアディポネクチンと同じような健康効果をもたらす物質が発見されています。

 

その栄養素の名前を「オスモチン」と言います。

 

オスモチンとは何?

 

オスモチンとは、植物(野菜)に含まれるファイトケミカルの一種です。
ファイトケミカルとは、植物が外敵や紫外線から自分の身を守るために作りだしている科学物質全般を指します。

 

オスモチンは、アディポネクチンと非常によく似た構造をしており、体内でもアディポネクチンと同じような健康効果をもたらしてくれます。

 

 

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌される物質のため、食べ物で直接摂取することが出来ません。
それに対し、オスモチンは食事によって直接栄養素を摂ることが出来ます。
そのため、オスモチンは別名「食べるアディポネクチン」とも呼ばれます。

 

オスモチンを含む食品(食べ物・食材)

 

 

オスモチンが多く含まれる食品は、果物だとりんご・ぶどう・さくらんぼ・キウイや酵母
野菜では、ジャガイモ・トマト・ピーマン・トウモロコシなどです。

 

ただし、オスモチンには

 

・完熟前の青い状態の植物により豊富に含まれている
・紫外線や害虫から身を守るファイトケミカルなので、外皮に多く存在する

 

という特徴があります。

 

そして、ジャガイモやトウモロコシは糖質も多いため、太り気味の人の食事として出す時は食べ過ぎに注意する必要があります。

 

そのため、オスモチンを積極的に食材で摂る場合は、トマトやピーマン・キウイなどが適しています。

 

オスモチンの期待される役割は、アディポネクチンの補助的存在

 

 

オスモチンは、単体でもアディポネクチンと同じような働きをしてくれます。
ただ、アディポネクチンとは違い、食物から直接摂取することができる栄養素なので、アディポネクチン不足を補う補助的役割として高い効果を発揮します。

 

 

アディポネクチンを増やすには、、太りすぎた脂肪細胞を小さくしたり、食生活を改善するなど、人によってはすぐに改善することが難しい場合があります。

 

そこで、日頃の生活習慣でアディポネクチンが増えやすい体質作りを心がけるとともに、オスモチン摂取により相乗効果が得られるでしょう。