アディポネクチンを増やすサプリメントと、長寿ホルモンの効果と評価

アディポネクチンとは何なのか?長寿ホルモン・超善玉ホルモンの正体

 

アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌されるホルモンで、たんぱく質の一種です。

 

1996年に発見されて以来、アディポネクチンの健康維持の役割について世界中の研究者が注目するようになりました。
当時は、脂肪組織は過剰栄養の貯蔵庫としての役割でしか見られていませんでした。しかし、他の臓器と同じようにホルモンを分泌していることが、研究者たちのあいだで多きな話題となったのです。

 

あなたも、脂肪細胞がホルモン分泌活動を行っているとは思わなかったのではないでしょうか?

 

ちなみに、アディポネクチンの名前の由来は、脂肪細胞の「アディポ」と、脂肪間接着分子の一種である「ネクチン」から取られています。

 

アディポネクチンの特徴

 

アディポネクチンは、内臓脂肪から分泌される物質ではありますが、内臓脂肪が増えるにつれて血液中のアディポネクチン量は減少します。

 

ただ、アディポネクチンは発見されて比較的新しい物質になるので、そのメカニズムははっきりとは解明していません。
しかし、大きくなりすぎた脂肪細胞によって分泌される悪玉ホルモンが増える代わりに、善玉ホルモンのアディポネクチン量が減ると考えられています。

 

 

また、アディポネクチンは高血圧患者には少ないという特徴もあります。
これらの特徴からも、アディポネクチンはメタボリック症候群や動脈硬化・糖尿病などの病気改善になると、より注目されて研究されるようになりました。

 

アディポネクチンが「長寿ホルモン」と言われる理由

 

 

アディポネクチンは、別名「長寿ホルモン」「超善玉ホルモン」と呼ばれます。
その理由ですが、アディポネクチンの数値は長生きしている高齢者に多いからです。

 

 

実際に、100歳以上の高齢者女性の血液中のアディポネクチン値を測定したところ、なんと20代女性の2倍ものアディポネクチン濃度が検出されたと言います。
つまり、人間の健康長寿の秘訣は「アディポネクチン」が深く影響しているということです。

 

アディポサイトカインとアディポネクチンの違いとは?

 

 

アディポネクチンと同じような名前に「アディポサイトカイン」という名前があります。

 

アディポサイトカインとアディポネクチンの違いですが、アディポサイトカインは脂肪細胞から分泌される物質全般の総称です。
つまり、アディポネクチンはアディポサイトカインの中の1つ、ということができます。

 

 

そして、アディポサイトカインの種類には大きく分けて2つあります。
動脈硬化を予防する「善玉アディポサイトカイン」と、動脈硬化を促進する「悪玉アディポサイトカイン」の2種類です。

 

その内、アディポネクチンは善玉アディポサイトカインの一種に分類されています。
動脈硬化や糖尿病、メタボリックシンドロームを予防する効果を持つのです。